営業は難しい業務

個人で仕事をしている人をフリーランスと呼び、その需要も認知度もかなり上がってきているように思います。では実際にフリーランスでどれぐらいの人が仕事を得て、生活が出来ているのでしょうか。

これはフリーランスの全体から考えてみると、問題なく仕事が出来ていると人は意外と少ないのです。もともと仕事が出来るといった自信があるからフリーランスの道を選んでいるので、多くの場合技術的な問題や知識的な問題が仕事が少ない原因になっていることは稀のようです。
一番多く、重要な原因と考えられるのは営業の力が不足していることではないかと思います。技術職の人間に営業職はかなりハードルが高いといえるでしょう。

営業にはいかに自分を売り込むことが出来るか、といったテクニックが必要です。これは何年も営業をしていれば身につくといったものではなく、努力が必要になってきます。営業を展開する相手が人であれば、その人の趣味嗜好が大きく影響することがあります。
第一印象で嫌なイメージが出来てしまうと、挽回するのは難しいものです。
いかに好感をもってもらうか、また営業の話を聞いてもらうかというところから始めなくてはいけません。フリーランスの場合、この営業力が大変不足している場合があります。

そこでエージェントを利用するという方法があります。
自分では難しい営業に関する業務を、エージェントを介して仕事を請けることが出来るのです。そのためにはエージェントと契約をしなくてはいけませんが、現在ではインターネット検索でもかなりの件数の情報を得ることができますので、まずはコンタクトを取るところから始めてみると良いでしょう。利用者の評価を知ることが出来るところもありますし、相性もありますのでまずは話をするところから考えてみると良いと思います。
エージェント利用をお考えの方に参考となるサイトをご紹介しておきましょう⇒【フリーランスのためのエージェントガイド


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です